マカに含まれる亜鉛

マカといえばまず滋養強壮、精力増進に効くというイメージが定着しています。
マカをはじめ、滋養強壮効果のある健康食品やサプリメントに必ずといっていい程配合されている成分に亜鉛があります。
亜鉛は男女両方の生殖機能の向上に効果があり、マカにも豊富に含まれています。

亜鉛〜生体内必須微量元素

亜鉛は人の生命活動の維持に必要不可欠な必須の元素です。
亜鉛は人の体の肝臓、腎臓、心臓、骨、筋肉、髪の毛、血液、前立腺、甲状腺など微量ながら広範囲に存在し、鉄や銅などと一緒に生体内必須微量元素と呼ばれています。
人の体内には 1.4〜2.3gの亜鉛が含まれています。

亜鉛はタンパク質の合成、新しい細胞へのDNAの複製に関与します。
前立腺に存在する亜鉛は性ホルモンの合成に関わっています。
亜鉛は体内では作られないので食品やサプリメントから摂取する必要があります。

亜鉛の摂取推奨量

厚生労働省が定める1日に必要な亜鉛の摂取推奨量は18〜69歳の男性で10mg、 女性で8mgとされています。
またそれ以上の摂取は健康を害する恐れがあるという耐容上限量が男性で40〜45mg、女性で35mgと定められています。
マカのサプリメントに含まれている亜鉛の量は製品により異なります。
摂取前に含有量を確認しましょう。

亜鉛の働き

亜鉛はたんぱく質や糖、脂質の代謝やDNA の合成などに関わっている数多くの生体維持に必要な酵素と結合し、活性化させる働きを担っています。
  • 生殖機能向上
    男性の場合、亜鉛が最も多く存在するのは前立腺で、性腺ホルモンを合成する働きに関与するので、精子の不足を改善し生殖機能の向上に効果があります。
    女性の場合、女性ホルモンのエストロゲンとプロゲステロンの分泌を促し、生理不順の改善や卵子の老化を防止する働きがあります。

  • 免疫力向上
    免疫細胞を活性化し免疫力を高め、細菌やウイルスから体を守る働きがあります。

  • 成長作用
    成長ホルモンの働きを促し、細胞分裂を促進します。
    また骨の成長にも深く関与します。

  • 皮膚の代謝
    皮膚細胞の新陳代謝を促し、傷を早く治す働きがあります。

  • アンチエイジング、美肌効果
    皮膚に含まれるコラーゲンはしわ、たるみを防止し、皮膚の老化防止に効果があります。
    亜鉛はビタミンCと共にコラーゲンを合成する働きがあります。
亜鉛はまた、抜け毛の予防、視力維持、味覚の発達、インスリンの生成、二日酔い防止などにも効果があります。

亜鉛を含む食品と過剰摂取

亜鉛はマカ以外に牡蛎、カニ、豚レバー、胡麻、パルメザンチーズ、凍り豆腐 などに多く含まれ、食品から摂取する場合、過剰摂取の心配はありません。
しかしサプリメントなどで過剰摂取した場合、胃痛、めまい、下痢、嘔吐などの症状が起こる場合があります。
逆に亜鉛が不足すると味覚障害や、皮膚粘膜のトラブルが起こりやすくなります。
亜鉛を含むマカを摂取する場合、製品の指示通りの摂取量を守る事が大切です。